超硬リサイクルプロセスSintered Hard Metal Recycling Process

切削工具、耐摩耗工具、鉱山工具などの超硬工具には、タングステン、コバルトといったレアメタルが多く含まれています。超硬工具は、その製品特性から高硬度であり、使用済み超硬工具の再生には、極めて高度なリサイクル技術が必要とされています。 尼崎事業所が超硬リサイクル事業に着手したのは1981年。以来、国内唯一の乾式プロセスによる環境配慮型リサイクルプラントとして業界をリードしてきました。 我が国では超硬合金スクラップは貴重な鉱物資源であり、スクラップ回収システム及びリサイクルは産官民が一体となって推進すべき課題となっています。尼崎事業所は、長年の技術とノウハウ、信頼を通じて、超硬リサイクルの最前線を走っています。

1.回収スクラップ

イメージ

自動車産業の部品加工、建築土木、切削加工など各分野から出てきた超硬合金のスクラップを回収。

↓

2.選別

イメージ

タングステン、コバルトなどの組成に応じてスクラップを選別。材質を見極めるためには、専門知識とともに熟練したプロの選別眼が必要になる。

↓

3.亜鉛処理

イメージ

選別したスクラップを亜鉛処理炉で加熱し、
スポンジ状にする。

↓

4.粉砕

イメージ

粗粉砕後、湿式粉砕工程にて更に細かく粉砕し、粒度を均一にする。

↓

5.乾燥

イメージ

湿式粉砕されたスラリーを乾燥し、製品粉末へ。

↓

6.製品

イメージ

 
各製品の概要はこちら