鉛リサイクルプロセスLead Recycling Process

酉島事業所の鉛リサイクルプロセスは、原料ヤードから精錬、精製、鋳造、製品の出荷までの全工程が屋内でライン化。環境への負荷を低減するための最新のシステム、設備、装置が導入されています。工程ごとに環境分析・品質分析が行われ、厳しいチェックの目が向けられています。同時に、コンピュータで制御された還元炉、溶解釜などの操業に用いられるプログラムには、各工程を管理する技術者が開発した配合や温度設定、薬剤研究などの成果や創意工夫が詰まっています。
最新のリサイクル、環境技術とプロフェッショナルのノウハウ。お客様、社会が求めるニーズに応えるために、ニーズを越える品質、安全・安心を確保するために。当社の鉛リサイクルシステムは今も進化し続けています。

1.廃バッテリー回収・分離解体作業・鉛原料抽出

イメージ イメージ

廃バッテリーを回収・解体し、プラスチック、巣鉛、電解液に分解。
プラスチックは破砕して再利用、電解液は脱硫装置、廃水処理装置で無害化されて処理される。

↓
※原料搬送 巣鉛を酉島事業所に搬送。搬送ルートは市街地を避けるなど配慮。
↓

2.原料ヤード

イメージ イメージ

環境設備により、粉塵の飛散を防止している。

↓

3.精錬工程(還元炉)分析

イメージ イメージ

還元炉に巣鉛を入れ粗鉛を精錬。

↓

4.精製工程(溶解釜)分析

イメージ イメージ

溶解釜で粗鉛を精製。不純物を自動的に除去する。

↓

5.鋳造工程分析

イメージ イメージ

連続自動鋳造機を使って、25㎏と50㎏のインゴットに鋳造。
過程で出る滓は自動的に除去する。

↓

6.製品

イメージ イメージ

25t分をストックできるコンベアーを設置。
従業員による外観チェックを経て、品質要求をパスした製品だけが出荷される。

↓

7.出荷

イメージ イメージ

製品を出荷。
各製品の概要はこちら

排水処理排水処理   排ガス処理排ガス処理   集塵処理集塵処理